Uzbekistan

小さなブラックホール

 2018     Mar 08, 2019

人物写真の撮影技術にキャッチライトというものがある。人物写真でポイントとなる瞳に輝きを持たせるために映りこませる光のことで、生き生きとした表情が演出できる。光はストロボやレフ板を使ったり、キャッチライト用の光を当てたりすることもある。

写真を見た人から、どうやってキャッチライトを入れているのかと質問されることがたまにある。結論から言うと私はキャッチライトを入れたことがない。もちろん、写真を撮るときには光の方向や強さも考慮するので瞳に光が入ることと全くの無関係でないだろうが、私の写真のモデルの瞳に綺麗に光が入っているのは全て偶然の産物なのである。
キャッチライトを意識して写真を撮ったこともない。私が撮る写真はモデルの位置やポーズ、機材などをセッティングして撮るポートレートではなくて、下準備をせずに撮影するスナップショットなので、正直キャッチライトを入れるとか以前にもっと大事なことがありそんな余裕がないのだ。

先の理由により一般的には、瞳に光が入った写真が良いとされているが、私は必ずしもそうとも思わない。
瞳に光が入るかは光の具合によるものだが、人によって光が入りやすかったり、入りにくかったりってのはあるように思う。ごくまれに高確率で全てを深く吸い込んでしまいそうな漆黒の瞳に写る子ってのがいるのだが、私はそれも好きなのだ。
黒目のカラーコンタクトとかあんな不気味なものとは違う。まるで小さなブラックホールのよう。その瞳で見つめられると瞳の中に吸いこまれるような錯覚をおぼえ、黒目の魔力で逃れられなくなってしまう。