Pakistan

ルンブールの奇跡

 2018     Apr 02, 2019

カラーシャ族が暮らす谷は、アフガニスタンからパキスタンにまたがるヒンドゥークシュ山脈の麓にあり、ブンブレット、ルンブール、ビリールの三つの谷からなる。
もっとも大きいのがブンブレット。訪れる人が多く、観光地化が進んでいるという。近年ではムスリムへの改宗者も多いらしい。ルンブールは規模は小さいもののカラーシャ本来の伝統的文化が一番残っているとのことなので、ブンブレットのあとルンブールへ向うことにした。
昔からの文化が残っているとのことだったが、違いがまるでわからず。暮らしている人にとっては違いがあるのだろうけど、観光レベルでは暮らしぶりに違いは見てとれない。
ただ、人はずいぶんと違った。ツーリスティックといえば、両方ツーリスティック。だけども、印象はまるで違う。
ブンブレットはおとなしく、観光客をさける感じ。かたやルンブールは観光客に群がっていく。自分にメリットがないとさっさと立ち去ってしまうので、人懐っこいというのとはまた違う。ルンブールはパキスタンではなくインドのように思えた。
完全に好みの問題だが、ルンブールの人が苦手だった。大人も、子供も、宿の人も、護衛の警官も。ぶっちゃけブンブレットに帰りたくてしかたなかった。

そう思っていたところへ、ひとりの天使が舞い降りる。
群を抜く圧倒的な存在感もさることながら、控えめでおとなしい性格に心をつかまれた。
彼女の着ていた衣装も好きだった。カラーシャの民族衣装は三色くらいの少なめの同系色でまとめてるのが今まで素敵だと思っていた。それなのに彼女の衣装は刺繍や頭飾りやアクセサリーなどに色の統一感はなくバラバラ。にも関わらず、バラバラ感はなくまとまっていて完成されたコーディネートのようであった。一番カラーシャの衣装が似合っていたんじゃなかろうか。
またルンブールに行きたいとはあまり思わないけど、彼女に会うために再び行ってしまうような気がしてならない。