Nepal

複雑カレンダー

 2018     May 27, 2019

何度ネパールを訪れても理解できないのが、ネパールのカレンダーだ。
ネパールでは西暦ではなく、太陽暦のビクラム暦というものが使われている。ネパールの正月は4月中頃で、今年は2076年だ。普段使っているカレンダーより56、7年ほど早いのある。そこまではまあいい、ややこしいのはここからだ。
ひと月の日数は29日から32日まであり、年によってひと月の日数は異なる。そして、3年に一度うるう月があり13ヶ月になる。ときどき11ヶ月になる年もあるらしい。
定義もわかりにくいが、単純にカレンダーとしてもわかりにくい。
カレンダーの数字はアラビア数字ではなく、デヴァナーガリー数字という数字が使われる。それなので、まず読めない。デヴァナーガリー数字で書かれるのはビクラム暦の日付で、西暦の日付もアラビア数字ですみっこに小さく書かれている。結局のところ、西暦に変換して理解するしかないので、この西暦の数字が頼りだ。
先の述べたが、ネパールの正月は4月中頃だ。ということは、ビクラム暦の月のはじめは西暦でいうと中頃になるわけだ。つまり、カレンダーの始まりは西暦だと14日とか15日から始まり、次の月の中頃で終わるので、1日はカレンダーの真ん中あたりにある。非常にわかりにくい。
おまけに、縦書きのカレンダーってのもあって、見にくいったりゃありゃしない。
カレンダーとは休日を知るものでもある。旅行者としては、いつ休日なのかさえ知れればそれでいい。だがしかし、その休日もややこしいのである。
ネパールは土曜日が休日にあたる。よって、土曜日が赤色だ。それに祝日や祭日も赤色になる。ネパールでは民族や宗教ごとに大小の祝祭日があり、年に30以上ある。日本の祝日は全部で16日で、知っている人の中では有名な話ではあるが、日本は世界の国々と比較しても祝日が多い国として知られているが、ネパールは倍ほどある。多すぎてすべてを把握するのはむずかしいばかりでなく、日にちは太陰太陽暦をもとに決められるためは毎年変わる。
民族や地域で祝祭日が変わるゆえ、街を移動すれば休日と思っていた日が休日ではなくなっていたり、その逆もある。そのためか、ネパール人の家にはカレンダーは3つ4つあることも珍しくない。