Uzbekistan

写真三方よし

 2019     Aug 19, 2019

撮る写真に笑顔の写真は多いけれども、とりわけて笑顔の写真を狙っているわけではない。実のところ別に笑顔でなくてもいいと思っているので、相手が笑おうが笑うまいが気にしていない。
目指す写真というのはこれといってないのだが、モットーというか信念のようなものはあったりする。撮り手である自分、撮られる相手、そして写真を見る第三者がみんな喜ぶ写真であることである。
まずは自分が撮っていて楽しいこと。お金をもらって撮影しているわけではないので、自分が撮りたいと思った瞬間だけを撮っていたい。これは人物写真に限らないことだが、愛情をそそげる被写体とそうでない被写体では気持ち的に全然違う。撮りたいと思った瞬間以外にシャッターを切るというのは、はっきり言って苦痛である。
人物写真の場合、写真に撮る相手も喜ぶ写真である必要がある。できあがった写真を見て喜ぶだけでなく、撮られているときも嫌な思いをしていないかも重要だ。どれだけ自分が気に入っていても、どれだけ世間に評価されたとしても、その写真を撮ることで相手が喜んでいなかったのであれば、そんなものには何の価値もない。撮ってもらえてよかったと思ってもらえる写真を撮ること、これに尽きるのではないだろうか。
最後に写真を見た人も喜ぶ写真であれば理想なのであるが、これについては正直言ってあいまいである。どんな写真であろうとも全員が全員気に入る写真なんてないだろうし、第三者の評価は得ようと思っても得られるわけじゃない。自分と相手が喜ぶ写真であれば、第三者もついてくるものではないかと信じるしかない。