Uzbekistan

七年選手

 2019     Sep 02, 2019

ウズベキスタンには行くと必ず訪れる家がいくつかある。そのほとんどがはじめてウズベキスタンを旅したときに知り合った家で、そのときからずっと懇意にしてもらっている。
出会ってもう七年になる。七年というと小学校一年生だった子が中学生になってるほどなので、はじめて会ったときからはずいぶんといろんな変化があるもんだ。
不思議なことに姿はもちろん成長はしているのだけれども、毎年のように見ていると変わったなあと感じることはそんなにない。胸がふくらんできたり、ニキビなんかができてたり、そういうのはわかりやすい。わかりやすいが、それを見て幼いころの姿を思い出すことはない。追想にふけるきっかけの一番は手かもしれない。ふと手を見て、もう子供の小さな手じゃなくなってるときに、ああ変わったんだなと実感するのだ。
成長するのは姿かたちだけじゃない。書く字だって変わるし、夢中になるものも変わる。ウズベキスタンの女の子は幼いころからよく家のお手伝いをするのだけども、その内容も成長していく。こまめにお茶を注いでくれる姿や果物をむいてくれる姿なんかがすっかり板についてきて、実にかいがいしい女子になっていく。
うれしい変化ばかりとはいかない。ウズベキスタンでは祖父母の家に多世帯家族で同居する大家族が一般的だったのだが、子供が大きくなって手狭になったのか、時代の変化なのか、ここのところ少し離れたところの家やマンションに核家族だけで引っ越しちゃったりして、会えない場合も増えているのが悲しい。