Uzbekistan

推理アトラス

 2019     Sep 11, 2019

ウズベキスタンにアトラスと呼ばれる伝統的な絹の絣織がある。日本の絣と同じように経糸を先染めする手法で織られるアトラスは、大胆で鮮やかな色柄と絹のしなやかな光沢が魅力的な美しさを持っている。
この美しいアトラスは民族衣装にもなり、ウズベク女性を引き立てている。がっつりした民族衣装だけでなく、子供の普段着なんかにもつかわれる。当然、子供の着ているものは絹なんて大そうなものではなく、綿やレーヨンなんかを用いたものや、ただのプリントだったりするが、それであってもずっと見ていられるほどに美しい。
ずっと見ていられるのには、もうひとつ理由がある。アトラスの模様が何がモチーフの模様なのか考察するのが楽しいのだ。こういった文様はひとつひとつに意味がある。健康や長寿、魔除け、豊穣などの願いが込められている。たとえば、ザクロは実がいっぱいあることから子宝、唐辛子は魔除けを意味する。ただ、日本の絣の文様と違って馴染みがないもんで、ずっと見ていても何の形なのかさっぱりわからないことがほとんどだ。アトラス模様の図鑑が欲しい。