Uzbekistan

うれしたのしトゥットゥ

かつては東洋と西洋を結んだ東西交易路シルクロードのオアシスとして栄えたウズベキスタン。そんなシルクロードの国らしくウズベキスタンには桑の木があちらこちらに生えている。
春には桑の木に実がなる。桑の実は英語でマルベリー、ウズベキスタンではトゥットゥだ。ウズベキスタンの桑の実は黒紫色と白色の二種類あって、黒紫色のトゥットゥは甘酸っぱく、白色のトゥットゥは酸味はなく自然の甘さとは思えないほど甘い。
桑の実はラズベリーみたいに小さな粒が集まってひとつの果実となっている。種がなく食べやすいが、果柄が果実の先まで通っており、やや繊維質がある。桑の実には食物繊維だけでなくミネラルやビタミンも多く含まれる。日本でもかつて養蚕が盛んだったこともあり、古くから実だけでなく葉も生薬として重宝されてきた。
収穫の時期はわずか。市場でも売っているが、家の近くに桑の実がある人はよく摘まんで食べている。子供にとってはお菓子が木になるようなもんなので、もう夢中だ。甘く熟した実をみつけ必死に手を伸ばす。やっとの思いで採った実を嬉しそうに口に運ぶ。熟した実は柔らかいので潰れやすく、手はもうべとべとだがそんなのは微塵も気にしていない。私は甘いのが苦手なのであまり好きじゃないが、みんな楽しそうにしているこのトゥットゥの収穫時期が大好きだ。