Uzbekistan

大家族図鑑

ウズベキスタンでは大家族で暮らすのが一般的だ。めちゃくちゃ子だくさんというわけではなく、多世帯家族で同居するのでその人数は祖父母の代の家族構成によって異なってくる。多い家では日本は考えられないような人数がひとつの家に入り乱れている。まるで親族一同が集まる冠婚葬祭の何かのイベントのようだ。
ウズベキスタンの中で一番よくお邪魔する可愛い姉妹のいるお家も大家族だ。ここは姉妹の家族だけでなく、他にもたくさんいて母親らしき人が四、五人は出入りしている。それぞれに子供がいるようだが、誰が誰の子で、どの子とどの子が兄弟姉妹なのか分からない。おまけに母親はまだ若く、子供の数は訪れるたびに増えているし、ときには近所の子も遊びに来て混ざっており、もうさっぱりである。
聞けば分かるかもしれないが、この家は英語がちっとも通じない。ロシア語の会話集を使って聞くことはできるだろうが、そこまでして知る必要もなかったので今まで家族構成はあいまいのまま。だが少し気になってはいた。
この家の人達は訪ねて行くとすごく歓迎してくれるし、持ってきた前に撮った写真も大いに喜んでくれ、楽しみにしているようだ。今回で写真を持って行くのは二度目なので、さすがにこいつはまた訪ねてくるやつだと分かってるのだろう、ひと段落したところで子供も母親も小奇麗な服に着替えだした。今まではほとんど子供の写真しか撮ったことがなかったが母親達も写真を撮って欲しいようである。
母親とその子供達の家族単位の写真を入れ代わり立ち代わり撮っていく中で、ようやく家族構成を理解する。実に四年目にしてである。分類された写真を見ると、ああ確かに母親と似ているなとか思ったりする反面、兄弟は似てるけど母親とは似てないなとか、この子はこの家族だったんだという新たな発見もある。
だがこれで全てを把握したわけではなく、あと男の子が何人かいたはずなのと、父親がいない。父親達には昼間に訪ねて行くせいかあまり会ったことがなく、未だに謎のままだ。まだ図鑑の完成には遠い気がする。