Uzbekistan

ままごとなんかくそくらえ

外国に旅行に行くとまれに子供と手をつなぐことがあるが、あの子供の小さい手の感触はかなり好きだったりする。また小さい手をさしのペてくる姿にもほっこりする。普段の生活の中で子供とふれ合うことはまずないので旅行先限定のイベントだ。
好きだけどこちらから手をつないだりはしない。かといって別に相手が手をつないで来るのを心待ちにしてるわけでもない。特に欲求はない。
子供と遊ぶのもそうだ。写真を撮るのと折り紙をするの以外は、こちらから何をして遊ぶかとか提案することはなく、いつも子供主導である。どういう遊びがいいとか願望はないが、なんとなく嫌なのはある。子供に合わせて手を抜いたりしなきゃいけないのは好きじゃない。それと同じように自分が幼稚っぽくしたりするのもごめんだ。
ある日の午後。棚に飾っているものを手当たりしだい引っ張り出してきて遊びを始める。置物をかかえてポーズを取ったり、木で作られたラッパの形をしたもので演奏する真似をしたり。さらに小さな急須でお茶を入れるふりをして空のミニカップを渡してくる。
これはままごと的なやつか、こういうのは苦手だ。ままごとなんて子供の頃にもしたことがないのに今さら小っ恥ずかしすぎる。しかたがないので頭からかぶってみた。ウケた。そしたらまた渡してきたので今度はかけてあげた。またウケた。あれ?これ、ままごとしてるのと変わらないんじゃねえ?