Nepal

癒されキルティプル

目と目が合った瞬間、マッチをすって火をつけたみたいにパッと表情が明るくなる。ネパールの首都カトマンズから数キロのところにある町キルティプルのおばあちゃんはいつもそうだ。
一年ぶりや二年ぶりにひょっこり現れる、次いつ来るかも知らないのにいつもよく瞬時に気付くもんだと毎度感心する。
おばあちゃんはいつもニコニコしている。その優しい笑顔にはもう癒されまくりだ。きっとヒーリング効果があるに違いない。言葉は通じないがそんなの関係なく居心地がよく、心がみるみると回復していく。ネパールの中でかなり好きな場所である。
この年はネパールで大きな地震があった。キルティプルの町もずいぶんと揺れたらしい。おばあちゃんの家も壁がぼろぼろとはがれたり、天井のはりにも大きなひびが入ったと家の中を見せてくれた。
キルティプルは古い街並みが残る古都で、おばあちゃん家も重要文化財かと思うような建物なので、地震を知ったときはずいぶんとやきもきしたもんだが、おばあちゃんがいつも通りニコニコしながら言うので、はがれた壁も天井のはりのひびもなんだか深刻でないように思えてきちゃう。