India

おかえりラダック

再びインドの中の小さなチベット、ラダックへ。インド北部のジャンムー・カシミール州に位置するラダックは、平均標高が3500メートルに達する山岳地域でかつては独立した王国であった。パキスタンと中国との未確定の国境に接している特殊な場所柄、軍事的な理由により1974年頃まで外国人の入境が許されていなかった。標高6000メートル級の山々に囲まれているため、陸路で入ることができるのは夏の間のみとなる外界から閉ざされた世界。そのためラダックには中国に破壊されてしまったチベット本土より、チベットらしい伝統と文化が残っていると言われる。インドであってインドでない、インドの中の異境だ。
ラダックは一度訪れると、また戻りたくなってしまう。前に訪れたときも旅をしながら、自分はきっとまたここに戻ってくるんだと思っていた。ラダックの深く青い空と澄みきった空気、要塞を思わせる岩山に築かれた寺院、色鮮やかにはためく五色の祈祷旗、そして穏やかで優しい人々がそう思わせる。また行くというより、また戻ってくる、そんな言葉が似合う場所である。
もっと早く戻ってくると思っていたが、自分で思うより期間が空いてしまった。何が拒んだのだろうか。高山病の心配と、車のチャーターが高いので一人で訪れにくいのが主な要因だ。そしてなによりそこが嫌いなインドだってことだと思う。