India

日常と非日常

旅行先では偶然にお祭りに出くわすこともある。私は日常の風景を見るのが好きなので、お祭りはみんな楽しそうにしてるものの、人が多かったり、忙しそうだったりするので、偶然にお祭りがあったとしてもあまり嬉しくはなかったりする。祭りより普通がいいのだ。
だが全部の祭りが嫌なわけではなく、中には嬉しいものもある。パレードのようなものや、コンテストやショー的なのは好きじゃない。盆踊りやハロウィンような全員参加型のがいい。だけどもタイの水かけ祭りのようなバカ騒ぎするは苦手。そう、静かなのがいい。ただ花火大会のような鑑賞するものではなく、主役は人で一般人、みんな楽しそうってのが好き。
こんなのにも好みの祭りが極端に少ないが、トゥルトゥクから立ち去る日がそんなお祭りだった。この日は朝から子供達はみんな着飾っていて、いつもより色鮮やかで、いつもより民族衣装っぽい服。民族衣装っぽくなくてもおニューの服を着ていたり、アクセサリーもたくさんつけてたりとめいっぱいのおしゃれを楽しんでいるようだ。私のお気に入りの子なんかは完全にお祭り用の服で、ヒジャブにも装飾品が付いていてとっても可愛らしい。こうやって子供が着飾ってるのを見るのは愛情が感じられて好きだ。
大人達は朝から着飾るのではなく、牛やら羊やらを解体にいそしんでいた。解体を終えた肉や臓物を水路で洗うもんだから、その日の午前中はどこを歩いても血みどろのおぞましい光景で、自然と苦笑いが表情の中に浮き出してきたのを覚えてる。
このお祭りで気になったのが、おめかしした子供達が一様にビニール袋を持って近所の家に次々と押しかけていたこと。ハロウィンのお菓子強盗と同じかと思ったが、誰一人ビニール袋に物が入ってないので何をしてるのかは不明。突撃しては、しばらくして出てくる、ってのを何度も繰り返していた。お菓子だったらあんなに意気揚々とお家に突撃して誰も貰えないのはちょっとかわいそう。お菓子など物をあげるのは好きじゃないけど、次に来るときにまたお祭りがあるようだったら袋いっぱいあげたいと思い後で調べてみたところ、このお祭りはイスラム教の謝肉祭らしい。謝肉祭では犠牲にする牛や羊の3分の1を家族で、3分の1を友人に、3分の1は貧しい人々に分かち食べる習慣があるという。みんなお菓子でなく肉を貰いに突撃してたのだ。肉か、それはちょっと私にはあげられないな。