India

ヒジャブ秘密領域

ラダックに住むムスリム女性もヒジャブを身につけている。ヒジャブとはムスリムの女性が人前で髪を隠すのに用いるスカーフのあれだ。原理主義のイスラム教の国みたいに全身真っ黒や顔まで隠しているなんてのはいない。ラダックのヒジャブは学校こそ白色の無地と決まっているものの、普段は色鮮やかで柄もあり華やかである。私たちが想像するような黒のヒジャブを身につけている人はあまりいない。
イスラム教に限ったことではないが、別に原理主義が偉いわけではないし、正しいわけでもない。戒律が厳しいイスラム教が良いわけでも、ゆるいイスラム教が悪いわけでもない。しばしばイスラム教は頭を絶対に隠しておかないといけないとか、ヒジャブを脱いだら逮捕されるだとか、原理主義のイスラム教の国のイメージが先行させられるが、世界の大半のムスリム女性にとっては頭を覆うか覆わないかは個人の自由である。
ラダックのムスリムのヒジャブの身につけ方にはそれが見て取れて面白い。子供にとっては個人というより家庭の方針になるだろう。全く髪を見せない者、軽く巻いてちらりと見えている者、頭に乗っけてるだけの者、もう隠す気がなさそうな者などとさまざまだ。それは同じ学校の同じクラスでも分かれる。女の子がたった4人しかいないクラスでも、しっかりと隠す子と、頭に乗っけてる子と、あまり隠さない子と隠し具合は多様である。
また面白いと思ったのが、それぞれの隠し具合が前回の4年前と変わらず同じだったことだ。前は最年少クラスだったので、髪を隠すという意識は薄く、ただ単によく動く子ははだけちゃってるだけかと思っていたが違ったようだ。幼い頃からそれぞれしっかりとした自分の隠し具合を持っていたのだ。