India

晴れてなんぼのパンゴンツォ

誰がこんなに高い場所に、こんなに巨大な湖があると思うだろうか?中国のチベットとの国境にまたがる、世界でもっとも高い場所にある塩湖、パンゴンツォ。標高は富士山よりも高い4250メートルである。全長はなんと150キロもあり、東側の3分の2はチベット、西側の3分の1はインドとなっている。パンゴンツォは淡水と海水が入り混じった汽水湖でインド側は塩湖、チベット側は淡水湖と珍しい。チベット側は水が飲めるらしく、色も青緑らしい。いつかチベット側のも見てみたいもんだ。
天空の湖パンゴンツォは実に美しい。荒涼とした岩山に囲まれた中に、澄んだ湖水が空を映して青く輝く。見たことのない青い世界。太陽の光や水位によって深い青、淡い青、ターコイズブルー、何種類のも青色に変わる。思わず時間を忘れて見入ってしまう。
神々しいほどに美しいパンゴンツォの青だが、これが天気が悪いとちっとも青くない。今回、初日はまずまずだったが、2日目の朝はいまいちの天気だった。青さを失った湖は同じ湖なのかって思うほど魅力がない。パンゴンツォは晴れてなんぼである。
パンゴンツォへ訪れたならば湖畔の村へ泊まっていくのがいい。今回はパンゴンツォで外国人が泊まれる最奥の村のメラクまで行ってみた。2010年に外国人が入域できるようになった村で、外界からの影響を受けていない素朴な人たちが暮らしているという。
メラク村は思いのほか遠かった。一番手前にある村のスパンミクから20キロなのでほど近い思っていたが、道はあってないような悪路で1時間半も掛かった。おかげで着いた頃は日暮れ前になっており短い滞在となってしまった。
パンゴンツォの入口のビューポイントには数多くの観光客がいたが、ここまで来ると誰もいない。人の顔立ちも他のラダックの土地とはまた異なりチベットっぽさが感じられる。なんだか最果てに来たって感じがする。