India

たかが折り紙、されど折り紙

私は外国に行くときいつも折り紙を持っていく。折り紙は言葉が通じなくても楽しめるのと、日本らしさもあって、外国人相手にはとても良いコミュニケーションアイテムになる。取り立てて上手ではないので複雑なのは折れないけれど、それでも初めて見る子供たちの心を動かすには充分だ。
折り紙は子供だけでなく大人も喜んでくれる。遊ぶ以外にも、ごちそうになったときや、親切を受けたときなんかにもお礼としても折っている。大人も子供のように目を輝かせながら喜んだりするのが見ていて面白い。たまに紙くずを見るような目をする人もいる。確かに見ようによっては紙くずに近いが、人を見極めるのにも良いアイテムなのだ。
折ってあげるばかりでなく、折り方を教えながら一緒に折って楽しむことも多い。今までどこでどれくらい教えてきたかは数え切れないが、訪れた小学校で先生から生徒に折り紙を教えて欲しいとリクエストがあって、つたない折り紙先生をしたのはよく覚えている。ネパールやミャンマー、フィリピン。マケドニアでは初めての欧州デビューもした。今回のラダックでも行った。

この日は午前中にビャマの村のチベット仏教徒の小学校で、午後はハヌーの村のムスリムが通う小学校でと、二回も折り紙先生をした。ムスリムの学校での折り紙先生は初めてである。
折り紙を折るときや教えているとき、途中で何を折ってるのかと聞かれてもはぐらかして秘密にしている。ずっと不思議そうな顔をしているが、折鶴だと最後に羽を引っ張って広げる瞬間、パッと表情が明るくなる。そう、まさにプレゼントの箱を開けたときの顔だ。その瞬間をにやにやしながら眺めるのが密かな楽しみである。そんな嬉しそうな顔を見ていると、別に良いことしたとは思わないが、たいそう自己満足することできる。
そして折り紙をしている姿は動かないので写真に撮りやすく、とても絵になる。だがハヌーの教室の中はずいぶんと暗くて写真が撮れなかった。ただ撮れなかっただけでなく、私の横に座っていた女の子がすこぶる美少女だったので悲しさは倍増であった。
折り紙教室の後、村をうろうろしていたら、ある家にお呼ばれした。ラッキーなことにそこはあの美少女の家であった。学校でも一番折り紙に食いついてた子で、家でもまた折り紙教室。学校ではしっかりとヒジャブをかぶっていたが、家の中ではよそもんの私がいても髪は見せたままで、美少女っぷりが倍増されていた。なんだか得した気分、やはり折り紙と一緒にする旅はいいもんだ。