India

縦空病

ラダックでなによりも感動的なのは、抜けるような青空だといっても過言ではないだろう。青空と荒涼とした大地、青空とチベット仏教の僧院、青空と風にはためくタルチョ、その青空にまた会いたくてラダックを再び訪れる人もいるはずだ。
青空が好きって人はたくさんいるだろう。私もそうだ。だが、どこの青空が好きって聞かれても、答えに困るかも知れない。青空好きなら一度は見て欲しい青空がラダックにある。ラダックの青空は濃い。それもとびきりだ。世界中の青空を集めてきたかのようで、青空マニアも納得のインパクト大の青空なのだ。これを見ずにして青空好きを名乗れようか。別にラダックでなくても高地でいて、恐ろしいほど空気が澄んでればどこだっていいのだけど。
風景写真は横の構図で撮るほうが断然好きだが、そんな青空を入れたくってついつい縦で撮ってしまう。青空だけでなく、雲がこれまた白く、濃く、近く、かっこいいのでやっぱり縦で撮ってしまう。横に構えたカメラがシャッターを押すまでの間に縦になっている。ラダックではそんな病におかされる。