Myanmar

隠れ麺大国

ベトナムのフォーやタイのパッタイ、インドネシアのミーゴレンなどアジア各国へ行ったことがなくても日本でおなじみのアジアの麺料理。それに比べてミャンマーは麺どころか料理自体何ひとつ日本では全く知られておらず、ミャンマー料理?何それ美味しいの?ってレベルだが、実はミャンマーは隠れ麺大国と呼ぶのがふさわしい国なのである。
ミャンマーの麺は種類がとにかく豊富で、ひとつひとつ個性があり、何よりも美味しい。民族や地方ごとに異なる麺文化を持つので、各地で食べ比べる旅ってのもまた面白い。
ミャンマーの麺料理といえば、なんといってもモヒンガー。米粉から作ったそうめんのような細麺に、ナマズなどの魚のダシのスープを合わせる。屋台から高級レストランまでどこでも出会えるミャンマー定番の麺であるが、正直なぜこれが一番有名なのかさっぱりである。何度か食べたことがあるが、店によっては少し生臭かったりするし、味そのものよりぶよぶよの麺がどうも好きになれない。ミャンマーの旅行中にミャンマー好きという日本人と話す機会があると、よくモヒンガーが好きか聞いたりするが、好きだという人にはほとんど会ったことがない。
もうひとつのミャンマーの代表的な麺は、オウンノ・カオスエ。オウンノはココナッツミルク、カオスエは麺という意味だ。こちらは中華麺と鶏スープにココナッツミルクとひよこ豆ペーストを溶き合わせる。ココナッツミルクを使っているので、いかにも東南アジアといった味だ。
日本人に合うおすすめは、シャン・カオスエ。シャンとはミャンマーの東部シャン州のことで、外国人相手だとシャンヌードルで通っている。ひと言でシャンヌードルといっても、その味は店によって多種多様だが、基本的には薄味でさっぱりとした鶏スープともちもちした米粉の麺で、肉と辛目のタレを加える。店によっては汁ありと汁なしと選べたりする。汁なしの場合は別にスープが付いてくるのと、シャンヌードルはからし菜の漬物と一緒に食べるのがお約束で一緒に付いてくるのが嬉しい。
私が一番好きなのはマンダレー名物のミシ。ミーシャイとも呼ばれる。米粉で作った麺で、鶏肉や揚げた豚肉をトッピングして辛めのピリッとしたタレにからめて食べる。こいつが美味いんだ。