Myanmar

デジャヴ小学校

ミャンマーのバガンという町にある小さな村の小さな小学校。バガンに行くたび必ず訪れている。
言葉はほとんど通じてないが先生方も覚えていてくれており、いつも笑顔で迎えてくれる。お茶やお菓子を出してくれたりもするし、お弁当を分けて頂き一緒に食べたこともある。
人口500人ほどの小さな村の小学校なので、1学年の人数は10人前後と少ない。ミャンマーの小学校は5年間で0~4年生まで。人数が少ないので顔も覚えやすい。とは言っても、子供の成長は早いもので、1年後ならまだしも数年期間が空くと、もう初見では多くは誰が誰だか分からなくなってしまっている。
しばらく見ていると面影をだんだんと思い出す。確かに見た覚えがある子供らだ。あの子の学年が今は何年生になっていて、などと自分の記憶の中との照合に忙しい。そんな中さらに追い打ちをかけてくるのが、ごくまれに数年前に見た子供と全く同じような子がいることだ。思わずハッとさせられる。弟や妹である。
教室の中でそこだけタイムスリップしたような感覚、頭が混乱しそうだ。訪れるたびに毎回そうなってしまうちょっと不思議な小学校だ。