Uzbekistan

べっぴん街道

人の顔は成長とともに変化する。可愛かった子が可愛くなくなってしまったり、またその逆でそう可愛くなくても大人になるにつれ美人になることもある。それはそのときの顔のパーツの絶妙なバランスによって可愛いかったりするのであって、成長によってパーツの配置がズレたり、面積が広がり比率が変わったりで、残念になったりするからだ。
子供の成長は想像以上に早く、超絶可愛かった子が次に会ったときにそうでもなくなっていて悲しいこともしばしばある。個人的には、そんなに可愛くなかった子が美人になることはまれにあるが、可愛い子が一度そうでなくなり、また可愛くなるのはまずないと思っているのでショックは大きい。

顔の変化のターニングポイントの時期は色々とあるが、第一の関門は乳歯から永久歯への生え変わりの時期だと思う。これは第一の関門のくせにふるいが大きい。ここでふるい落とされるのはよくあるし、よく見てきた。
前回会ったときはちょうど前歯がない歯抜け状態で、服装もよれよれの肌着みたいなのだったのもあり、あまり可愛く思えなく危うかった彼女だが、無事に第一の関門を突破したようだ。歯も綺麗に生えそろって、将来楽しみである。
次の関門は女の子は11歳、男の子は13歳くらいだと思う。その後、何度か関門があって、遅い人だと25歳くらいまで続くのだから、美少女から美人までそのままキープするのはずいぶんと険しい道のりだが、ぜひとも頑張っていただきたい。