Uzbekistan

シャシリク中毒

ウズベキスタン料理なんてウズベキスタンに行ったことあるか、よほど興味があるかでないと何も知らないだろう。ウズベキスタンは海がない内陸国なので肉料理がメイン。中でも羊肉と牛肉が中心で多く使われる。鶏肉はやや高級品で、豚肉は宗教上の理由もあってか滅多に見かけない。
ウズベキスタンで私が一番好きなのがシャシリク。肉を串に刺して焼いたザ・肉である。肉を串に刺して焼くなんてのは世界中にあるだろうが、シャシリクは肉をワインビネガーやスパイス、ハーブなんかでマリネしてから炭火で焼きあげる。マリネすることで風味や香りが良くなり、肉の旨みも凝縮される。
ウズベキスタンでは酢をかけた玉ねぎをのせて食べるのだが、これがまた相性が抜群なのである。地元の人はシャシリクはナンというパンと一緒に食べるが、私はビールだ。シャシリクにビールと酢玉ねぎ、最高である。帰国後にウズベキスタンを思い出して、無性に食べたくなるのもシャシリクだ。誰か家の近所でシャシリク屋を始めてくれないだろうか。