Uzbekistan

ナナメセン

自分の撮った写真を見ていると、なんだか斜めの写真が多いなあと思う。私が常に傾いてる人間なわけではなく、あえて斜めにしているのだが、はなから斜めに撮ろうと狙っていたものはほとんどなく、どちらかというと仕方がなくとっさの苦肉の策のような感じである。
風景写真は基本的には、水平に、そして垂直に撮る。構図や写り込みなんかも気を使うが、なによりもどれだけ水平に撮れるかに一番意識を集中している。逆に人物写真に関しては水平や垂直ってことは全く気にしていない。私が撮るのはセッティングしたものではなく、その場で撮るスナップがほとんどなので、なるようになれというところだ。

人物写真で斜めに撮る理由はいくつかのパターンがあるが、主にふたつある。ひとつは余計なものを入れたくなくって、入らないように構図を探して探して斜めになるケース。写真を撮るときは背景に気を使ったりもするが、スナップの場合はどうしようもないことも多いので、そんなに気にしていない。気にするのは手前に写り込んでくるものだ。子供なんかの場合は、他の子の写真にもなんとか写ろうとしてくるので、それらを斜めにして切ることが多い。
もうひとつは動きがないとき。絵にならないと言った方が分かり良いだろうか、そのまま撮ってもうまくいきそうにないときに、動感を出すために斜めにする。私の中の写真の動感ってのは、実際に動いているかどうかではなく、動いているかいないかということよりストーリーが始まりそうかってことである。雑誌のモデルなんかのポーズとかはそういうので、そのまま撮っても動感があり、絵にもなる。ポーズを決めていなくても、体の向きや表情、周りのシュチュエーションなんかで動感がある場合もある。それが何もないとき、例えば直立不動なんかは非常に悩ましい。証明写真のような写真はいらないので、私自身が動いたりして、たどり着く結果が斜めだったりするのだ。

斜めにするのが良いのか、悪いのかは分からない。「あり」か「なし」かは見る人次第だろう。見た人が写真の斜め具合に不安定さを感じるかもしれない。どれくらいの斜めならいいのか、どれくらいならやりすぎなのか、人によって違うだろう。私の中にも明確なものはなく、斜めに撮るときはこれくらい傾けるという決まったものはない。けれども撮った写真を見ていると大体似たような角度で傾けているので、自分の知らない自分の中で、好みの斜めのラインってのがあんだろうね。