India

ふりだしに戻らない

昨年に引き続きラダックへ。昨年は2度目のラダックだったのだが、初めて訪れたときから4年もの間隔が空いていたこともあり、誰にも覚えられておらず悲しかったのと、また一からやり直すのも面倒なので、2年連続で訪問してみたのだ。
相手が大人であれ、子供であれ、忘れられているのというのはなかなか悲しいもんである。相手が自分のことを覚えてるかどうかは言葉が通じなくても分かる。明らかに表情が違うし、目の輝きも違うようにも思う。何日か滞在していると徐々にそういう顔になっていくが、短い旅行だとやっと馴染んできた頃にはお別れだ。
再訪したとき相手が覚えていないとまたふりだしからのスタートとなる。覚えている場合は前回からの引き続きのような感じで、前よりもワンステップ奥に行くことが出来たりする。例えば、お家にお呼ばれしたりだとか、挨拶されたり名前で呼ばれるようになったりとか、そういうことが新たに生まれるので、ただの旅行では味わえないような体験も出来たりするようになる。

トゥルトゥク村は今回で3回目だが誰かの家に入るのは初めて。中に入ると意外や意外、普通の家だった。普通というか見慣れた家の中というべきか。そこは居間だったのだが、ローテーブルがあり、ソファもあった。なんだそんなことかと思うかもしれないが、この村は車が入って来れない。村は崖の上のようなとこにあるので、車で入れないばかりか、結構きつめの石段を登ってこないといけないのだ。そんな環境なのに、ごく普通の家みたいにソファとかあるもんだから驚いたのだ。
壁には絵も飾っていた。でもその絵は絵というよりただのモザイクで、まるで裸眼立体視で見ると浮き出して見えるステレオグラムのようだなと思っていたら、実際にそうだという。こういったものもあるんだと驚きつつ、何が見えるとかと見てみると、浮かんできたのはなんとモスク。お硬そうなイメージのあるイスラム教がこんなのを作ってるのが面白おかしい。ちょっと欲しかったし、せめて写真に撮っておけばよかったなあと少し悔いている。