India

私立ヒミツ学園

町の綺麗さというのは、その土地の治安や人となりに大きく関係しているように思う。
ラダックはあちこちに大小の集落が点在しているが、そこでもゴミが落ちていたり、家畜のフンが放置されていたり、家の造りの精巧さであったりで、人の違いを感じることは多い。
いつも綺麗に保たれているところというのは、コミュニティ意識が高いのだろう。道や共同の施設を当たり前のように掃除していたり、お年寄りが道端や軒先でおしゃべりをしているようなところは、まず安全でいて居心地が良い。清潔にしているのだから当然のごとく悪臭もなく害虫も少ない。そんなことだけでなく、人もフレンドリーで優しいような気もする。そしてそういった村はだいたい教育にも力を入れていて好感が持てるのだ。

ラダックの北西部にドクパと呼ばれる人々が暮らしている。ドクパの住む有名な村は前回にそれなりに訪れたので、今回は観光客など来なそうな近隣の村へ行ってみた。そこは仏教徒の多いドクパの村とは違い、イスラム教徒の村。このあたりには観光客がドクパを求めてやって来るので、ガイドブックには載っていないし、観光客はせいぜい商店で物を買って通り過ぎて行くだけだ。
商店は車道沿いにあるが、実際の村は車道から外れ丘を登ったところにある。ひいこら息を切らしながら村へ着いて驚いた。めちゃくちゃ綺麗な村だ。ラダックで見た村の中では一番かもしれない。
人も雰囲気も良い。平日の午前中だったので村ではお年寄りが多く、おばあさんは家の前で、おじいさんはモスクに集まってお喋りしており、なんとも平和な時間が流れていた。
村の上の方に学校が2つ見える。2つ共小学校のようが、小学生など50人もいないだろう村になぜ2つの学校があるのだろうか。村の人が教えてくれたが、どうやら私立と公立の学校らしい。
公立の方はかなり人数が少なそうだったので私立の方に行ってみる。子供らは行儀よく、楽しそうに勉強していて気持ちの良い学校だった。緑に包まれたムスリムの女の子の制服も可愛い。
すっかりこの村が気に入ってしまった。午後は違う村へ行く予定だったが、昼食後にまた戻って来たほどだ。この村のこの有り様は観光客が来ないおかげでもあるので、この村の名前は秘密にしておきたい。