India

ゆるめのムスリム

私は幅広く色んな場所へ旅行へ行く方ではないので、たくさんの人種と民族を見てきたわけではないが、自分が出会った中でいうと一番写真を撮っていて楽しいのがムスリムの女の子だ。
日本ではムスリム、イスラム教と聞くとどう思うだろうか?近年のイメージでは「危険」と思う人が多いだろう。連日メディアで報道されるのはテロの事ばかり、おかげで日本人のイスラム教に対するイメージは2001年の9.11のアメリカ同時多発テロの前後で大きく変わり、9.11後はすっかりテロリストというイメージになってしまっている。もちろんイスラム教徒が全部テロリストなわけではないし、それがごく一部のものだとは日本人も理解はしているだろうが、イスラムと聞くと「危険」と思うってことは結局のところメディアにイメージを植え付けられているということだ。
私が実際に出会ったムスリムのイメージはというと、非常にフレンドリーで親切な人々が多い。だがそんなことはどうでもいい。9.11後のくだらない議論に「イスラムは平和的な宗教か?」というものがある。良識派ぶった連中は先を争ってイエスと答えるし、私が出会った人は・・・とか、そんなことを論じていても、宗教の名の下で行われるテロを終わらせることは出来ないのだから。第一、イスラム原理主義の過激派によるテロがイスラムの一部であるとするのであれば、イスラムが平和的とかってイスラムをひとまとめにするのもおかしかろう。

話は戻るが、写真を撮っていて楽しいのがムスリムの女の子なのだが、その理由はすばり可愛いからだ。なにが可愛いってやっぱり被り物だろう。髪を覆い隠すスカーフのヒジャブでも、だるまさんみたいに顔だけ出してるチャドルでも、可愛くて見かけると嬉しくなる。
だけどムスリムの女性の中には写真を嫌がる人も多くいる。これは個人差もあるが地域によっての差も大きい。写真を撮らせてくれるくらいゆるいがところじゃないとだめだが、ゆるすぎるとスカーフも被っていなくて写真的にはモスリムかどうかが分からないので、私が求めるのはそれが両立するところとなる。これがなかなかないのだ。ゆるそうなモスリムでスカーフを被ってるところというと、日本のすぐ近くにインドネシアとマレーシアがあるが、よく理由は分からないがこのあたりのモスリムにはなぜだか惹かれない。
そんなこんなでラダックのムスリムはちょうど良い。大半は写真は撮らせてくれるし、髪も隠していて、キュンキュンするほど可愛いのもいる。インドの中のチベットと呼ばれるラダックなので、ラダックへはチベット仏教を訪ねる旅をする人がほとんどだが、私はチベット仏教はおまけみたいなもんで、チベット仏教の村よりもムスリムの村も方が好きだったりする。