Nepal

面影シックス

首都カトマンズと第二都市ポカラの途中にある町ドゥムレから30分ほど山道を登ったところにあるのが、バンディプル。
かつてはインドとチベットを結ぶ交易の要所として栄えたが、カトマンズとポカラハイウェイを結ぶプリティヴィ・ハイウェイが1974年に開通すると、尾根の上にあるバンディプルは一気に廃れた。発展から取り残された古い街並みは、2000年頃にカトマンズの観光企業が地元と共同で古民家ホテルとして改築し、メイン通りは車両が乗り入れられないようにしたおかげで、今もなおネワール文化と宿場町の雰囲気を色濃く残しつつも雑多な喧騒とは無縁の穴場的観光スポットとなっている。

バンディプルへは色々あって、前回来たのが2011年で6年ぶり。前回撮った写真を渡そうと持ってきたが、6年ということは小学校1年生だった子が6年生になっているのだから、普通に歩いていてすれ違いざまに気付くというのはさすがに難しい。中でも一番会いたい子の写真は路上で撮ったものだったので、まず写真を撮ったあたりで地元の人に聞いてみる。見せるのは6年前の姿の写真だから、地元の人でも分かるか心配だったが、あっさりと判明し居場所を教えてくれた。
出会ってしまえば面影はたっぷりあるし、探してたのはこの子だってことは分かるけど、彼女は当然6年前に写真を撮られたことなど覚えていないし、私も成長した姿は私の知っている当時とはまた異なるので、初めて会ったのに知っているというな奇妙な感覚に陥った。6年というのはそれくらいの昔なんだろう。

バンディプルではカトマンズ資本のホテルだけでなく、地元の人も食堂や雑貨店や宿を開いている。彼女の家もメイン通りで食堂を営んでいた。食堂だが看板にはホテルとある。バンディプルのメイン通りの建物はみな一階が食堂か雑貨店で、二階以上は宿屋という、ネパール独特の宿場町のスタイルなのだ。
聞くと彼女はバンディプルにある京都のノートルダム学院のシスターが開いた学校へ通っているという。この学校は今やネパールの最高の学校のひとつとして、首都カトマンズの国立の学校よりも国家試験への合格率が高いことで有名で、バンディプルの子供たちだけでなく、遠くの村や町からもより良い教育を求める子供たちが集まってくる学校だ。卒業生は立派な職業につきネパールだけでなく海外にも出て行くのだという。その、優秀な人が海外へ出て行ってしまうというのが今ネパールのかかえる一番の問題なのではあるが。