Nepal

白の謎

ネパールの子供の写真を編集しているときに気になることが出てきた。たまに顔に白い斑点がある子がいるのだ。初めて見たというか、今まで気にしたこともなかったというのが正しいのだが、注意して見てみるとまずまずそういう子がいることが判明。気になって他の国の子供の写真も見返してみるも、他の国の写真では見当たらない。
栄養不足で髪の色が茶色になったりするのと同じみたいなものかなと思い調べてみたところ、どうやら「単純性粃糠疹(ひこうしん)」通称「はたけ」という呼ばれるもののようだ。なんでも小学生の約2割に見られるありふれたもので、伝染もしないし特に害もないみたい。1年ほどで自然に治るようだ。はっきりとした原因はわからないらしいが、乾燥しやすい冬に発症することが多く、夏に日焼けすると色に差が出て急に目立つとのこと。
なるほど、ネパールの子は少し地黒だし肌カッサカサだもんね。本当に肌も唇もカサカサなので、ニベアとリップクリームを持ち歩いて、みんなに塗りたくりたいくらいと思ったことあるもん。次は行ったときに本当に塗り歩いてみようかしら。