Nepal

ネワールで乾杯

ネパールに愛してやまない店がある。それはネパールの首都であるカトマンズから5kmほどに位置する丘の上に築かれた街キルティプルにあるネワール料理屋さん。
ネワール料理というのは、カトマンズの先住民であるネワール族の料理のことでネパール料理の代表格だ。ネワール族はカトマンズをはじめ、その近郊の都市文化を作り上げた民族であり、ネワール族が高い技術で建てた王宮や寺院などは現在ユネスコの世界文化遺産として登録されていることで有名だが、ネワール族の料理も有名なのである。
ネワール料理は料理の種類が豊富で、というか実際はネパール諸民族の料理はバリエーションに乏しいためにそう見えてしまうだけかもしれないが、他で見られない多様で洗練された食文化を持っている。特に水牛を使用した料理が多く、普通の肉だけでなく、脳みそや舌、心臓に耳なんかも余すことなく料理する。味はスパイスがふんだんに使うのでかなり辛い。塩も強いのが特徴で、ご飯より酒が飲みたくなるような料理が多い。
ネワール料理はネワール族が多く住む街で味わうことが可能だ。ネワール族は現在もカトマンズ盆地一帯に住んでおり、カトマンズ(別名カンティプル)やパタン(ラリトプル)、バクタプルなどと地名の最後に「プル」が付く街に多く住んでいるのだが、中でもおすすめなのが先のキルティプルの店なのである。
キルティプルの店は何が違うかというと、ここは普通のレストランではなく地域のコミュニティーで運営している。働くのは地元のおじさんとおばさんで、本格的な料理だけでなく、ネワール族の民族衣装を着たり、食器や酒器も伝統にこだわっている。店はテラス席になっており、むしろの上に座るスタイルで、高台にあるため見晴らしも良い。リーズナブルなのもあって、いつもネパール人のお客でわいわいと賑わっている。そうレストランというより居酒屋みたいなところだ。
ネパールで女の人がお酒を飲んでる姿を見ることは他ではまずないが、ここでは女子大生くらいの若い子もよくお酒を飲んでいる。お酒は自家製のネパールの地酒のロキシーやチャン、これを片手にネワール料理をつまみながら一杯やるのが最高なのである。