Nepal

黄金世代

 2019     May 15, 2020

ネパールには、もう何度も訪れている学校がいくつかあるのだが、どの学校でも共通して、よく知ったクラスと、そうでないクラスとが存在する。すべてのクラスを均等に回るわけではないのでそうなるわけだが、その差が激しすぎる。知っているクラスは、クラス全員がわかるくらいに知っているけど、知らないクラスの子ははじめて見るに等しいくらいにわからない。
よく知ったクラスと、そうでないクラスがあることは自分でも認識していたが、なんでそうなるのかは定かではなかった。今回、あまり知らないクラスを見ていたら、あることに気がついた。ああ、それであのクラスに入りびたっていたのね。よく知ったクラスは、美人率が高いのだ。その学校でもっとも美人率が高いクラスは、その学校で一番よく知っており、美人率が下がるほど知らなくなっているのだった。
不思議なのが、どの学校も一番のお気に入りのクラスは、みな同じ学年なことだ。ネパールの学校は、1学年1クラスしかないことが多い。したがって、クラス=学年となる。まさに黄金世代。これまた不思議なことに、その学年が巣立っていくころになると、またきわめて美人率が高いクラスが出てくるのである。